海外生活のお子様の学習のために準備したいもの その3〜ちょっとだけ帰国後に通う日本の学校の選択肢を思い描いてほしい〜

帰国後のお子様の学習環境をイメージしてみる


家族帯同での海外赴任の準備だけでもで大変な時に、数年後の帰国時の子供のことまで考えるなんて、と思われるかもしれません。


漠然とでいいので、帰国後は〇〇小学校や△△中学校に通うのかな?、帰国後すぐに中学入試!?高校入試かしら!?と想像してみてください。そうすると、将来の帰国時にお子様が身に付けておかなければならない学力が想像できます。


そうすることで海外滞在に必要になる学習方法がさらに明確になったり、準備しておかなければならない本や問題集のレベルも分かってきます。


ちょっとイメージしてみるだけでも十分です。数年後のお子様の姿を想像してみてください。


海外での暮らしは、お子様たちに実に力強い力を身に付けてくれる貴重な経験です。数年後に大きく成長しているお子様の姿を想像しながら、渡航準備をされると良いと思います。


ハッピースタディーサポート では将来の進路や海外現地にいる間の学習方法について、学校現場での担任経験や進路指導の経験豊富な担当者が親御様のご相談にお応えしていきます。