海外生活のお子様の学習のために準備したいもの その2〜「日本の学習」に取り組む方法〜

海外で「日本の学習」に取り組む方法を準備


海外現地で日本人学校に通う場合は問題は少ないのですが、日本人学校がない地域に滞在するご家族様では、お子様の日本型教育に合わせた学習が難しいケースがあります。現地で「日本の学習」をどのように行うのか、日本にいる間にも検討しておくことをお勧めします。


学校以外の学習方法は、海外現地での塾、海外現地での家庭教師、通信教育、オンライン一斉配信型教育、オンライン対面型教育、保護者自身での学習指導・・・など候補はいろいろあります。赴任先地域で実現可能な方法について、あらかじめいくつか検討しておくと現地で慌てずにすみます。


現地に行ったあとでは、インターネットがあるとはいえ、日本の教育情報はどうしても不足がちになります。日本にいる間にお子様の学習手段について、数個の候補を用意しながら、また現地に行って実際にやってみながら、お子さんにふさわしいものを選び使っていくことが大切です。



学習方法は1つに限定する必要はありません。教科によって異なる学習方法を取り入れたり、複数の学習方法を組み合わせることで学習の効果が上がることが多いです。


効果的な学習方法は、教科の特性に合わせたうえで、お子様それぞれに合うことが大切です。教科指導プロであるハッピースタディーサポート では、お子様の数学(算数)と国語(日本語)の学習について、親御様のサポートも実施しています。お気軽にお問合せください。